山梨県生涯学習センター主催・障がい者のレクリエーション

先日 山梨県生涯学習センター主催講座
障がい者のためのワクワク教室
ペーパークラフト編が開催しました!

ペーパークラフト編は
キラキラスケッチ☆彡が担当しました。

生涯学習センター担当者の方が
講師紹介をしてくださいました。

私は看護師資格を持ち
ペーパークラフトに従事しています。

そのため

身体的特徴のある方
精神的特徴のある方に対して
専門知識があり
それぞれに寄り添った
レクリエーションのご提供が出来ます。

専門知識があるから出来る
■□□の状況だと〇〇の傾向がある
■□□の特徴の場合〇〇の対応が出来る
などなど
個々に寄り添った対応を探ることが出来ます。

専門知識や実践があるから出来る対応があります

ペーパークラフトはレクリエーションです。

クラフトを通じて
■気分転換が出来る
■ものを完成させることで達成感を得ることが出来る
■自分にも出来る!という体験が自己肯定感を上げる
■季節感を得ることができ生活にメリハリを持てる。

効果もさることながら

日常のシュミレーションが出来る効果があります

先生の話を聞きながら紙工作をすることで
→人の話を聞くことの大切さを知る
→自分がわからないことを誰かに質問する方法を学ぶ

クラフト中の先生や生徒様同士のコミュニケーションを通じて
→人との接し方を考えるきっかけになる。
→自分の思い通りにならない時の対処方法、気持ちのそらし方を身に着ける。

作業後の後片付けをしながら
→使ったものを片付ける方法を知る。
などなど

クラフトの様々な注意点は
生活をする上でも活躍します

利用者の方々が楽しんで、クラフトを通して社会を学べるように
ひとりひとりにお声かけさせていただきながら
今回も教室をさせて頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です